ワンランク上のステイタスカード

▼ゴールドカードとは?

クレジットカードの一種で、クレジットカード会社から優良顧客として認められた場合に発行される一般クレジットカードとは異なる審査基準をクリアして手に入れる事の出来るカードです。
その名の通り、金色のクレジットカードのことです。それなりの属性を持つ顧客を対象に発行されるカードで、高いサービスの付いたステータス性の高いワンランク上のカードで知られています。

▼ゴールドカードの特典(メリット)

ゴールドカードには持っているだけで信頼性の証明になる以外にも現実的なメリットが当然存在しています。特定の店舗・サービスでの優待、など提携サービスに固有の特典もありますが、一般的なゴールドカードにおけるメリットについて一部紹介します。

◎限度額が大きい。
ゴールドカードは経済的に認知されたエグゼクティブの証という趣きから、普通のクレジットカードとは異なり、カード決済の限度額が高く設定されています。これまでクレジットカードの限度額上、カードで支払うことができなかったものをカードで支払うことができます。普通のクレジットカードが30~50万円程度の限度額であるのに対して、ゴールドカードは50~200万円近くの限度額で設定されていますので、カードを利用する幅がかなり大きくなります。海外旅行等では予想外に出費が膨らむことがありますがゴールドカードなら安心です。
◎空港ラウンジ利用が無料
空港で有料の空港ラウンジを無料利用することができます。空港ラウンジは、通常1000円程度利用料がかかりますが、ゴールドカードを持っていれば無料です。旅行や出張などで空港を利用する際の飛行機の待ち時間を空港ラウンジのソファと気の利いたサービスを備えたスペースでくつろぎながら待つことができます。国際線空港のラウンジになると 本・新聞・雑誌も色々と用意されており、コピーやFAX、ネット環境が整備されていて、ドリンクや軽食も無料です。
◎最高5000万円~1億円まで補償の海外旅行傷害保険
ゴールドカードは国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険についても一般のクレジットカードより高めに設定されています。おおよそのゴールドカードで傷害死亡・後遺障害が最高5000万円~1億円まで補償されます。(カード会社によってはゴールド会員本人にとどまらず、同居家族まで保険サービスの対象に含む場合も)
出張や旅行の度に旅行保険に加入するのは手続きが面倒だし、回数が多くなれば費用もバカになりません。ゴールドカードならわざわざ渡航のたびに旅行保険に加入する必要がなくなります。旅行先での疾病・傷害治療などにもカードで保険がききます。持っているだけで心強く、保険料を支払わなくて済むわけですから安心して旅行が楽しめるでしょう。ちなみに、カード付帯の保険はクレジットカード会社が損害保険会社と契約しているものですので、補償内容は掛け金を払って加入するものと変わりはありません。保険の費用はゴールドカードの年会費の中に含まれています。
◎ショッピング保険の内容も充実
ショッピング保険についても一般のクレジットカードより高めに設定されています。ゴールドカードで購入した商品の破損や返品、カード盗難や不正使用による被害を受けた場合に保険がききます。物などを壊してしまった場合の賠償、携行品損害なども含まれます。
◎ゴールドカード専用デスク
ゴールドカードには専用のヘルプデスクがあります。専用の秘書を持てるのです。高級ホテルやレストラン、航空券や新幹線のチケット、劇場チケットまで予約をしてくれるゴールドカードもあるほどです。
◎ほかにも
国内航空便遅延保険が付帯している場合もあります。

特に海外ではゴールドカードの信用性が高く、身分証明書として機能するほどの力を持っています。このようにゴールドカードは通常のカードよりも優れた待遇と、選ばれた人だけが味わえるワンランク上のサービスを満喫でき、まさに「特別扱い」してもらえるのです。つまり、ゴールドカードを持っているということだけで、「ステータス」を味わえる、その人の社会的な価値が証明されるのです。

▼ゴールドカードの審査基準の目安

ゴールドカードは、一般のクレジットカードに比べると審査基準は高めに設定されています。年齢、年収、職業、勤続年数、借入れ残高などが審査基準となります。さらに信用情報会社(CICなど)へ個人情報照会を行った上で判断されます。
年収など具体的な金額表示はなく、安定継続収入と表示しているところも増えていますが、ゴールドカードの平均的な審査基準は、「30歳以上、年収500万円以上、勤続5年以上」と言われています。でも、こういった基準を満たしていなくてもゴールドカードを所有しているケースはよくあります。一流企業に勤務していたり、企業に一定期間勤務していると有利になることもあります。医師など特殊な職業の方は、勤務して間もなかったり、年齢・年収が基準に満たなくても、審査に通る可能性が高いです。
理由は、その規準が、「目安」に過ぎないからです。「信頼できる人物であるか」を判断するためにほとんどのクレジットカード会社において、審査基準は柔軟に捉えられているようです。ただし、発行に関してはいまだわからず、審査部門の方のみぞ知るといったところです。カード会社の収益状態に拠って、是が非でも会員が欲しいとあらば比較的審査も甘めでしょうし。サービスデスクやインフラ整備が現状に追いついていなければ、会員を増やすわけにはいかず審査を厳しくするときもあるでしょう。ちなみに、発行会社の経営がピンチだったりすると、基準がだいぶ緩和されることがあります。

  • 最近利用者が増加している「クレジットカードの換金」とは、web上で業者指定の商品をカードで購入し、その70%程度を現金でキャッシュバックするサービスです。
  • http://www.rodkelley.com/
  • 利用者は悪質業者を避けるためにショッピング枠現金化の口コミサイトなどでサービス情報の共有をしています。
  • http://www.shjcfz.com/
  • その情報をもとにクレジットカード現金化ランキングなるサイトも登場し、利用者への還元率の良い業者や即日対応可能なものが上位に掲載されているようです。
  • http://www.reju4you.com/