一般カードとの差異はそれほどないカード

▼シルバーカードとは?

一般カードよりも年会費が少し高めの値段で、一般カードより保険やサービスが充実したグレードの一種です。

利用限度額は通常の一般カードと同じことが多いので、一般カードとほとんど同じグレードに位置付けられていて、券面が銀色のものが多いので「シルバーカード」と呼ばれています。
シルバーカードは、シルバーを基調にしたデザインで非常にシンプルなデザインになっている場合が多いです。

利用限度額に関しては通常の一般カードとほぼ同じ位に設定されています。クレジットカード会社によっては特にシルバーカードとして区別していないのもこれが理由です。

▼シルバーカードの特徴

特徴としては一般的なカード(クラシックカード、ベーシックカード、スタンダード)と比べてグレードが若干高いカードなので年会費がやや高めの年会費設定(1,000円~数千円程度)で、保険やサービスが充実しています。
付帯サービスとしては海外旅行損害保険や盗難保険などのベーシックな保険があります。
デザインは非常にシンプルでシルバーを基調としたカードが多いです。
一般カードに比べ、買い物の限度額が50万円、キャッシング枠が20万円と使用出来る金額が大きくなります。海外出張や旅行をする機会が多い人は、毎回手続きして海外旅行損害保険に加入する手間を考えるとシルバーカードの年会費の方が安いので、持っていても損はありません。

ですがシルバーカードの現状は、他のクレジットカードと比べて特に大きなメリットがあるというものでもなく、今は一般カードでも年会費が無料で様々な特典が付くものも多いので、クレジットカード会社からシルバーカードの存在は徐々に無くなってきているようです。
しかし、シルバーカードというのは珍しいクレジットカードという意味でも一枚は持っておくというのもいいと思います。

ちなみに日本でシルバーカードと言えば、三井住友カードの「三井住友VISAクラシックカードA」や「三井住友VISAエグゼクティブカード」、三菱UFJニコスの「DCカードニューズ」、ジェーシービーの「JCBグランデ」、クレディセゾンの「UCカード セレクト」などがあります。

  • 改正貸金業法施行後の総量規制の影響でキャッシング限度額がなくなり、クレカの現金化を利用する方が増えています。
  • http://www.zezazone.com/
  • その影響もありクレジットカード現金化の比較サイトなども多数見受けられ、消費者庁もウェブサイトで注意を呼び掛けています。
  • http://www.tyhskonya.com/
  • このままクレジット枠現金化の利用者が増えていくと、グレーゾーン金利を規制した効果もなくなり、さらなる債務者を生む危険性もあります。
  • http://www.sensus-rongtai.com/